タイプで異なる価格

耳

タイプと価格について

難聴者が利用することになる補聴器はいろんなタイプの種類があり、それぞれで費用も違っています。まず、一番安価なタイプとして知られているのが、ポケット型補聴器となり、その費用は3万円前後から高いモノでも10万円ほどです。ポケットサイズで常に携帯するスタイルとなりますが、その分費用が安いためニーズがあります。そして、耳あな型(既製品)が約7万円ほどとなっています。耳あなに収まるほどのタイプで、基本的にはコンパクトにするには技術が必要となるため価格が高くなる傾向にありますが、こちらは既製品となる分だけ費用も安いです。当然、既製品もあればオーダーメイドもあり、そちらの耳あな型補聴器は10万円ほどから37万円ほどと値段が高くなります。耳穴は個体差があるため、それにフィットしたものを作ろうとすると一つ一つ手間をかけて作らざるを得ないためそれだけ値段も高くなってしまうのです。そして、耳あな型の既製品とオーダーメイドの中間的な値段となっているのが耳かけ型補聴器です。こちらは、7万円から30万円ほどと値段に開きがあります。耳かけ型は多くの人々に共有できるため、既製品を作りやすいため安価で作ることができます。その一方で、様々な機能を搭載させることができるため高機能の耳かけ型になると30万円近くになるというわけです。このように、タイプによって値段も大きく異なっているのが補聴器です。補聴器の購入を考えている人は、その価格から検討してみるのも良いかもしれません。