購入が必要かを医師に相談

医者

専門設備で的確な調整

医師への相談が強く推奨されているのが、補聴器の購入です。難聴にお悩みの方の中には、補聴器購入を検討されている方もいらっしゃるでしょう。しかし、本当に購入が必要かまでしっかりと把握されているでしょうか。難聴の症状緩和を期待できるでしょうか。医師に相談することで、最適な難聴対策を行えます。耳鼻科の中には、補聴器相談医が在籍している病院があります。補聴器相談医とは、補聴器を正しく使うために活動している専門医です。難聴を的確に診断してくれるほか、最適な補聴器の機種を提案してくれます。また、病院によっては、調整やメンテナンスにも対応しています。難聴は人によって症状も原因も異なり、補聴器の購入ではなく治療が必要な方もいらっしゃいます。自分にとって何が最善の方法なのかを知るために、まずは耳鼻科を受診しましょう。耳鼻科を選ぶ際には、聴力検査室を完備しているかを確認するといいでしょう。音や声が聞こえるかを正確に診断するためには、専門の検査室が必要です。また、補聴器の調整を医師にお願いしたい方は、防音室の有無も確認することをおすすめします。雑音のない空間での調整により、より快適に聞こえる補聴器を常に装用できます。補聴器は3ヶ月に1回程度の頻度でメンテナンスが必要なため、自宅からの通いやすさも重要なポイントです。あまりにも遠くの病院を選んでしまうと、通院負担が重くなってしまいます。生活圏内や通勤時に立ち寄れる病院であれば、少しでも不調を感じた時にすぐに相談できます。