診察

危機回避能力のために

近年では若者のなかでも難聴になる人が増えており、軽度であっても難聴のままでは危機回避能力が低いため自動車運転などで危険が伴ってしまいます。そのため、難聴だと思ったならば軽度であっても補聴器をつけることが大切です。

詳しく見る

待合室

病院での総合的なサポート

補聴器外来に対応した耳鼻科では、難聴の診断から補聴器の購入まで総合的なサポートを行っています。補聴器の調整や点検に対応しており、医師のサポートを受けながら快適な生活を送れます。無料での機種貸出にも対応しており、十分な時間をかけて試聴できるのも魅力的です。

詳しく見る

耳

タイプで異なる価格

補聴器には耳かけ型・耳あな型などのいろんなタイプがあり、それぞれに価格が異なっています。それは本体の大きさや既製品かオーダーメイド、高性能であるかといった様々な要因によって価格が決まってくるからです。

詳しく見る

医者

購入が必要かを医師に相談

生活に支障が出るほど難聴にお悩みであれば、早期に補聴器相談医が在籍する耳鼻科を受診しましょう。症状や原因を正確に診断する上に、最適な補聴器の機種を提案してくれます。病院によっては補聴器のメンテナンスにも対応しており、難聴に悩まない日々を過ごせます。

詳しく見る

補聴器

医師に診断してもらおう

補聴器には人との会話をサポートするだけでなく、周囲の環境音を聞き分けることで事故を未然に防いだり、さまざまな情報を耳から得ることができます。はじめのうちは補聴器の音に慣れる必要がありますが、さまざまな機能により快適に聞こえを手助けしてくれます。

詳しく見る

聞こえる範囲が狭くなる

夫婦

聞こえない音が出る

危険などを知らせる警報やブザーなどがあります。非常に大きい音で、多くの人が聞こえるようになっています。これらは緊急時に多くの人に知らせるためのもので、日常生活では騒音になります。日常生活ではもっと小さい音で生活に必要な音を認識しますが、事情によってそれらの音が認識しにくくなるときがあります。難聴と呼ばれる症状と診断されたときには、補聴器を装着することで生活が改善される可能性があるので検討すると良いでしょう。では補聴器が必要になる難聴にはどんな特徴があるかです。まず聞こえる範囲が狭まります。音には高いものから低いものがあり、低い音は比較的認識しやすいです。高い音は老化などによって認識しにくくなります。これまで聞こえていた音が聞こえにくくなったり聞こえないときは、補聴器が必要な難聴の可能性があります。耳鼻科などで診察を受けることができ、聴力検査で判断をします。一定以下になると補聴器を勧めらえるでしょう。難聴の特徴として聞こえない音が出てくることです。日常生活の言葉は、いろいろな文字で構成されています。聞こえにくくなると、その中のある音だけが聞こえなくなります。比較的認識しやすいのがア行ですが、タ行、サ行、カ行などは聞こえにくくなりやすいとされています。聞こえにくい音が少なければ、他の聞こえている音で補いやすくなりますが、聞こえにくい音が多くなると補うのが難しくなります。補聴器での矯正が必要になります。